若木真珠 の「【アコヤ真珠ペンダントSV 9mm(スライド式)】ややバロック!」

Hap017o

【商品情報】
・商品名 :【アコヤ真珠ペンダントSV 9mm(スライド式)】ややバロック!
・販売価格:8,640(※税込・送料別途必要)

【購入のお問い合わせ】
・電話&FAX<0895-70-5077>
・メール<ms.mizu.w★oboe.ocn.ne.jp>
 (※メールアドレスは「★」を「@」へ変えてメールを送ってください)
 ※インターネット「わかき真珠」からも購入可能

 

【商品情報】
・商品情報:アコヤ真珠ペンダントSV 9mm(スライド式)
・販売価格:8,640円(※税込・送料別途必要)

  • 写真は、短めに使用したところです。45㎝まで調節できます。
  • デザインが大変シンプルなので、洋服に合わせやすく若い方から年配の方まで大丈夫です。
  • アコヤ真珠の【9mm】は、珍しく価格もお安くなっています。
  • 色目も珍しく、巻もよく輝きも大変美しい真珠です。
  • No.1の人気で、若木瑞一押しの商品です。
  • ケースに入れてお届けします。
  • ご希望があれば【ギフト包装】します。
  • 送料は、別途必要です。なお、10,000円(税抜き)以上お買い上げの場合は送料は、若木真珠がご負担します。

 

Hap017p Hap017q

 

【活動紹介】

愛媛県は日本屈指の真珠生産量を誇り、わかき真珠は50年以上の真珠養殖の実績があります。アコヤ貝から取り出された生まれたままの真珠“生だま”を使い【真珠アクセサリー作り体験】を行っています

なかでもペンダントは大人気で品ぞろえも豊富です。生産者オリジナル作品も格安で買えます。体験は2名以上で2日前に予約が必要です。1作品につき体験料1,000円と材料費が必要です。

詳しくは、【わかき真珠】のホームページをご覧ください。

| | コメント (0)

アグリの市の「徳島ふるさと便【11月~12月発送分】」

Hap039zzf

【商品情報】
・商品名 :德島ふるさと便【11月~12月分発送分】

・販売価格例(おまかせ特価詰め合わせ):3250円→3000円 ※注文票で欲しい分だけ注文も可

【お問い合わせ】
・電話&FAX<088-692-2806>
・メール<tokuko★kmd.biglobe.ne.jp>
 (※メールアドレスは「★」を「@」へ変えてメールを送ってください)

欲しい商品欄に個数を入れ以下の注文シートをFAXしてください
※「11月のお任せ詰め合わせ3,000円」も注文票内に記載がございます。

注文シート【ダウンロード】

 

11月お任せ特価の1例を初めて試みました。

3,000円お任せコースです。

安心・安全・そして安価な三安(スリーアン)をモットーに、「はっぴいウーマンネット」 を通じ、無農薬や減農薬の特産物を詰め合わせた「徳島ふるさと便」を、今までより以上に無農薬にこだわって、種類を増やすことが出来ました。

本当の無農薬の栽培はどれ程大変なのか、ご存じでしょうか?
想像以上の苦労があります。どれだけ余計に草取りや、虫にやられない手立てをしているか、そんな難題をクリアして育て、ようやく全国の消費者の皆様にお届け出来るようになりました。

丁度、これからお歳暮の時期を迎えます。立派な秀品は贈答用に、また規格外品は、家庭用としてたっぷり、召し上がっていただき、いずれも割安で提供できるよう、アグリレディ ース交流会の有志で頑張ります。

24年度のにんじんの無農薬の価値について、高知県のKさんから、

「無農薬なら安過ぎます。小さくても、曲がっていてもかまいません。毎月一回の配送をお願いします。」

と云って、普通10㎏1箱600円のところ10月まで毎回1,000円振り込みしてくれたことを思い出しました。 今回も普通と同額にしております。

まず「山里のひと味違う新米のコシヒカリ」は、苗代の時から1回も消毒しないで倒伏させずに栽培出来る方法をやっと、3年掛かって見いだしたと話してくれました。

それに比べ、糯米は今年は粒が小さく、貧相で、販売できなかったと残念がっており、今後何年かかけて研究したいといっていました。若手女性の生産者としての逞しい声です。

また「糀から手作りの、防腐材を使わない自然の甘ーい甘酒」は、朝作り込んで瓶詰めした品物を夕方消費者の手に渡したところ、

「夕食に家族で飲んだところ、甘酒好きの夫が“今まで飲んだ中で、一番おいしい甘酒だ!!”と言ってくれました。もう既に 甘酒は飲みきってしまったので、あの甘酒を手に入れたい」

と、次回の宅配も受けたいので、3本送ってくださいとの申込がありました。

「徳島の農産物を代表するトップブランドのさつまいも」は、温暖な気候と、ミネラルたっぷりな砂地畑で栽培されており、色鮮やかな紅色とホクホクとした、自然の甘味が特徴です。ビタミンB1・ビタミンCだけでなく、食物繊維も豊富で食味も抜群です。

また、定番の焼き芋はもちろん、天ぷらにしても美味しく、和菓子や、洋菓子の材料にも最適です。子共から大人まで幅広く支持されています。

總堀をしたいもは、生産者の温かい部屋に保存されていて、必要に応じ土を洗って乾かした品物が秀品、グレード、規格外のランク付けで価額も1箱1,000円~2,400円程度です。お勧め品は、秀品のグレードのL・Sサイズが贈答用に規格外は1,000円台です。その他、玄米・白米半々の栄養満点、ポン菓子の昔懐かしい味をお楽しみ下さい。

発送開始希望月の前月末までに注文票をメールもしくはFAXでお送りください。
商品に次月の「アグリの市お任せ特価」の予定と注文票を同封いたします。良かったら、ご希望をご記入の上、続けてご連絡下さい。宜しくお願い申し上げます。

| | コメント (1)

德島ふるさと便 減農薬の季節の特産物 とうもろこし・枝豆など

Hap039zza_3

※アグリの市の最新の看板商品ははっぴいウーマンネットのトップページもしくはこちらの記事からご覧いただけます。

【商品情報】
・商品名 :德島ふるさと便 減農薬の季節の特産物 とうもろこし・枝豆など

・販売価格(とうもろこし):1,400円/10本 ※その他の商品は注文票参照

【お問い合わせ】
・電話&FAX<088-692-2806>
・メール<tokuko★kmd.biglobe.ne.jp>
 (※メールアドレスは「★」を「@」へ変えてメールを送ってください)

欲しい商品欄に個数を入れ以下の注文シートをFAXしてください

注文シート【ダウンロード】

 

この度は、德島ふるさと便をご購入くださいまして有り難う御座います。

とうもろこし・枝豆などを組み合わせております。

アグリレディーズ交流会員で、にんじん農家と別の県内でも指折りの大規模な産直市を成功させ、この道に堪能な農家の主婦Kさんが「味で勝負が出来る」と10年余り前から、自慢の特産物を育み、この時期ならではの品物をセットするように揃えてくれました。

去年のにんじん入りお中元に代わる、味自慢の品々です。

特に今年は日照りが良く、とうもろこしが20~22度を遙かに超える糖度で、抜群の味に仕上がったと朗報を伝えてくれました。

私達のアグリお任せ特価として、自信を持ってお勧め致します。

■■甘―いとうもろこし20度以上■■

    Hap039zzb

  • 品種は  恵味(めぐみ)ゴールド
  • 10本入り5㎏ 1箱通常価格1.600円⇒1.400円特価
  • 德島県石井町高原

朝穫りとうもろこしは、瑞々しい内に宅急便で発送します。

  1. 荷物が着いたら新鮮な内に、すぐ皮をむいて茹でます。
      大鍋に水を入れ塩を水の量の3パーセント入れます。
      例えば5リットルの場合は15グラムで、大さじ1杯です。
    嘗めてみて塩辛い程度にします。
  2. 沸騰してから3分程度、多い場合は5分程度強火で沸かします。後は、そのまま冷めるまで置きます。
    味が良くしみこみ、粒がぴんと張って、皺がなくなりとてもおいしく戴けます。

Hap039zzc

~皆さんとのメールから~

*小林より 豊橋市Wさんへ*
とよはし市民会議の皆さんの、はしゃぐお声が聞こえてくるようです。

矢張り3重奏だったのね。そんなに書いていたのに、途中で4箱と勘違いし手直ししたんです。堺市の3箱と梅1箱との4つ括ったのがとてもインパクトが強く、頭に中が混乱したのか間違えました。
また、送料も入れて無くてご迷惑お掛けしました。

何しろこの日は、夜を日に繋いでの頑張りだったので・・・。
矢張り夜は寝ていないと駄目なと言うことがよく分かりました。
他には大きなミスは無かったようで、皆さんの喜びの声を聞く度に、ほっとしています。

「送料を合算させて頂きますのでお教え下さいませ。」
600円でした。1箱でも3箱でも同じ価額でした。荷作りのこつです。
クロネコヤマトさんが、私達の全国ネットの新聞を見て、大サービスしてくれています。

「昨日は、子育て支援のNPOまんまが毎週開催しているまんまリズムの日でした。おやつは徳島人参。担、当者が輪切りにしてゆがいて出したところ、子どもたちの手が次々に延びた。とても、1本ごと分けることができないと、今回は・・・・に。次回は、活動日に合わせて注文させて頂きますと、大きな喜びの声が届きました。」

コアメンバーにもにんじんがおやつになったとか・・・。次回は是非とうもろこしを茹でて上げて下さい。
7月分は、7月15日前後が出荷日の始まりです。この日に近い活動日をお知らせ下さい。第3回目のアグリの市の発送日をその日の前日に着くように設定することも出来ます。例えば活動日は、金曜日でしょうか7/19日の場合、前日7/18日に着くように7/17日に発送すれば良いと言うことになりますが、如何でしょうか・・・。

とうもろこしの栽培管理のコツは、複数に伸びてきた俵は、全て除いて1本の枝に1個しか育てません。それで、先の先まで粒が入って充実しているのです。Kさんの栽培管理のコツは誰にも真似が出来ません。
今年は、種を蒔く時期をずらせて、収穫も3回に分けて出来るよう工夫しているそうです。

その生産者の方が、つい先ほど「送り先の方の反応はどうでしたか・・・」と聞いてくれました。
早速に、皆さんのこのことを、明日の出荷日、6/23日にお届け致します。
また、Wさん達のホームぺージや、アグリノ市の「はっぴいウーマン更新中」を紹介したいと思っています。にんじんの終了と、とうもろこしへの切り替えが未だ出来ていません。

現場の動きが速いので、両刀遣いが大変です。
出来れば、また、成育状況等をネット上に、写真などで、お伝えしたいものだと思っていますが・・・。そして、みなさんのお声をインターネツトで見えるようにして戴けたら、素晴らしいなぁ・・・と思っています。今までも時々見せて戴き、その都度活動の広さと、深みに関心しております。

是非次回も、宜しかったらも一度、甘ーい德島のとうもろこしを、多くの方々がたっぷりと、お召し上がり下さいますようご連絡下さい。

「藍染めシャツを希望する方があります。注文をする時期など、教えて下さい。」

現在の藍建てした桶は、実は、昨日で終わりました。
7月から生葉が出ますが、小物類に適していて、大きなシャツ類は、無理です。
9月の中程に26年度の藍を建てる予定です。10月に1番綺麗な色合いが出ますので、それまでに、デザインをお決め下さい。
また。後日ゆっくりとご希望をお聞ききしたいと思います・・・。

それでは、どうか宜しくお願い申し上げます。

 

*豊橋市Wさんより*
昨日、大きなふたつの箱が元気に到着しました!
それを見るだけでも、元気がでます。開けてびっくり。
よくぞこれまで詰めて下さいました。さっそく皆さんに手渡しを開始。近日中に配り終える予定です。感謝します!

議会も明日、ひとつの委員会を終えるだけになりました。少しゆとりが出てきたので、昨日はこの急激な暑さに体を慣らすための対策・・・[人参を食べる]そして、[溜まって新聞を読みながら昼寝]と、チョー贅沢な午後を過ごしました!!

 

*豊橋市Wさんより*
昨日、たしかに、3つのひと箱、届きました。私の不在時でしたが、活動日で集まった皆さんで買い手いっぱい。ウメがいい香りです。お手紙に感謝しながら、私も早速酢漬けにトライします。
お気づかいがどの箱にもあふれています。息遣いまでパックして、私たちに元気を届けて下さいました。本当にありがとうございます。

昨日は、子育て支援のNPOまんまが毎週開催しているまんまリズムの日でした。おやつは徳島人参。担当者が輪切りにしてゆがいて出したところ、子どもたちの手が次々に延びた由。おいしさがよく分かることが嬉しいです。23家族の参加で大賑わいだったようで、とても、1本ごと分けることができないと、今回はコアメンバーに。
次回は、活動日に合わせて注文させて頂きますと、大きな喜びの声が届きました。

私は昨夕、Nさんのお参りに行きました。浜名湖ボート事故で亡くなられ、3年目となりました。
梅の良い香りをご両親が喜んで下さり、さっそくお供え下さいました。
とうもろこしを持ってこれば良かったと、後で思いました。

夜、早速事務所のテーブルコンロで茹でました。そして夕食に、今朝の朝食にと、自然の恵みの甘さにはまりました。みずみずしくて、柔らかく、完熟のおいしさを、、どうやって育てられるのでしょうか?
本当に有難うございました。

藍染めシャツを希望する方があります。
注文をする時期など、教えて下さい。

20日に議会が終わり、ほっとしています。まずは、お礼まで。。。。。。。

次回はとうもろこし3箱と、枝豆20袋お願いします。

| | コメント (0)

体験型・アグリの市(アグリレディーズ交流会運営)の「德島にんじん 規格外A品・B品・ジュース用・秀品2Lを全国にお届け」

 

 

Hap039zv

※アグリの市の最新の看板商品ははっぴいウーマンネットのトップページもしくはこちらの記事からご覧いただけます。

【商品情報】
・商品名 :德島にんじん 規格外A品・B品・ジュース用・秀品2L

・販売価格:10㎏900円より ※別紙参照

【お問い合わせ】
・電話&FAX<088-692-2806>
・メール<tokuko★kmd.biglobe.ne.jp>
 (※メールアドレスは「★」を「@」へ変えてメールを送ってください)

欲しい商品欄に個数を入れ以下の注文シートをFAXしてください

注文シート【ダウンロード】

 

Hap039zxHap039zw

24年の夏、1通の手紙が私の心を揺さぶった。日本農村生活学会員各位にあてた通知であった。安倍会長から第60回日本農村生活研究大会の一般報告の募集で「ふるってご応募下さい。」の一文であった。それは、60年前の第1回に生改グループ員に、付添として同行した思い出多い場所と節目だったからだ。

退職して二十数年になるが、地元や県内のボランティァ活動に終始。交流サポーターとして平成18年から、農家のための支援を続けながら、新しく展開する次々の夢に追われている。

4年程前、農水省「農と医の連携促進事業」を実施した。「アグリとチャレンジド」の連携活動・・・藍と特産物の利活用、特ににんじん規格外品の消費拡大・自給率の向上の取組があった。23年度は、送料を募金する被災地の支援と、消費者向けを併せて1トンを発送した。24年度は[はっぴいウーマンネット]で販売「3トンの絆~被災地から全国を駆け巡る~」被災地の方々との交流を続けて2年半になった。

安全・安心・しかも安価な三安(スリーアン)を看板に、「A品・B品・ジュース用・綺麗で立派な秀品の2Lサイズ」を提供し、3トンを超える量を全国に発送した。

にんじんの支援と交流を通じ、農漁家の元気と地道に継続する力を出す、最良の機会を得た。国産品の自給率の向上と、消費拡大に繋がっていく役割を、一歩前に踏み出したような気がする。「形ある物は全て津波に持って行かれた」と嘆いていたわかめのSさんを探し当てた。三陸沖の元生改普及員だった。高台に新築した家に、藍染めの新築祝い第1号を贈った。農山漁家の底力は大きく、被災者に寄り添う気持ちを持ち続けることが大切である。今回の日本農村学会は、60周年記念に相応しい内容で、久しぶりの発表も重なり、私には今までにない充実の会となった。特に基調講演では、最初の立ち上げから活躍されたお二人の先輩の先生と初めてお会いし、共感することが多かった。Y副会長の基調講演で、昔の生活改良普及員の活動に賞賛の言葉を戴き、満足感に浸った。普及一筋に歩んできた私の人生にも、ご褒美を戴いた様な気持ちで感動した。女性協の齋藤専務理事さんから身に余るコメントを戴いた。第一回と今回の両方に出席したのは、数少ない中の一人でないかと、人知れず貴重な存在感を味わった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

体験型・アグリの市(アグリレディーズ交流会運営)の「25年巳年の干支の藍染め作品」

Hap039zs

※アグリの市の最新の看板商品ははっぴいウーマンネットのトップページもしくはこちらの記事からご覧いただけます。

【商品情報】
・商品名 :25年巳年の干支の藍染め作品

・販売価格:※別紙参照

【お問い合わせ】
・電話&FAX<088-692-2806>
・メール<tokuko★kmd.biglobe.ne.jp>
 (※メールアドレスは「★」を「@」へ変えてメールを送ってください)

欲しい商品欄に個数を入れ以下の注文シートをFAXしてください

注文シート【ダウンロード】

にんじん出荷時のメールから
無農薬こだわりTさんと交流の一端

※無農薬に近い減農薬の徳島のにんじんは、24年は全国へ3トンの出荷をしました。中でも一番沢山送ったのは、お隣の高知県でした。メールでの連絡もかなり大勢で大変でした。その中で無農薬にこだわっていたKさんとの交流の一部をご紹介させて戴きます。無断で文面をご紹介させて戴き大変失礼しますが、ご了承下さい。

■はっぴいウーマンネット」アグリの市 K様へ(平成24年9月19日)
ご無沙汰しております。
猛暑もさって、すこし涼しくなりましたね。
お元気ですか?
徳島のにんじんパワーで 今年の夏は乗り切れました。ありがとうございました。
前回のメールでは、もう一箱 保存しておいてくださっているということでしたが、その最後の一箱を送ってくださいませんか?
そして、徳島では、にんじんは春の収穫だけですか?秋ごろの収穫はないですか?
次回の収穫の時期もお知らせください。
では、あと一箱を置いてくださっていることを願いつつ、ご自愛ください。

■「はっぴいウーマンネット」徳島県アグリの市 K様ヘ
先ほどは、電話失礼しました。
おかげで お元気なお声が聴けて、うれしく思いました。
さて、ピッ、ピッ、ピッ、という音の後で、いきなり電話が、オルゴール音になりました。たぶん、子機の電池切れだと思います。
もう一度 ご連絡するべきか迷いましたが、藍染めで寝る間もなく忙しいということでしたので、折り返しお電話するのを控えました。では、にんじんの件、よろしくお願いします。
芽が出ていても、葉っぱが出ていても まったくかまいません。
長期間冷蔵されても、それだけの馬力のあるにんじんだから、絶対に体にいいのだと思います。大歓迎です。
どうぞ、お体を大切にしてください。
たくさんの人が、Kさん達にに助けられています。
私もその一人です、感謝しています。ご自愛ください。

■最後のにんじん送りました。高知県Tさまへ アグリの市 Kより
本日9/21日、最後のにんじんをお送りしました。
収穫後、3カ月も経ったので、処分してしまったかしらと心配しておりましたが、生産者のKさんは、毎月1回の出荷の約束をチャント果たしてくれました。
思ったより、痛みも少なく、整理して集めたら1箱あったと、宅急便を作ってくださいました。
その上に、丁度、無農薬の東京葱等あり合わせの物を入れて下さるとか・・・云っておりました。
午前の便に間に合って、2人で「よかった・・・これでにんじんが、やっと、全部終わった」と喜び合いました。
お互いに、9月の中まで送ったのは始めてだった物ですから・・・お約束が果たせてほっとしました。
さて、お尋ねの秋の出荷は、徳島は全然しておりません。
Kさんにも家庭菜園で少し作って下さるように頼みましたが、洗うのが手洗いになるので駄目だと云われました。
そこで、知り合いの町内のHAMAさんの奥さんが、産直市用に少し作っていることを探し当て、頼んであります・・・が、「その時が来ないと駄目・・・」と約束してくれそうにありません。
従来は金時にんじんの長いものを、お正月用に出荷しておりましたが、収穫が大変なので、今年から春と同じ洋にんじんにしたそうです。
8月に種を蒔き、この前の台風の余波で蒔き直しを処どころして、「露地で育て冬のため除草剤も、消毒もしなくて育つと思います・・・」と云っておりましたので無農薬です。
出荷は、12月の終わり位からだそうです。
その頃、あればアグリの市へ出してくれるとのことでした。
「規格外で出荷出来ない物でよい、1か月10㎏でよい、アグリの方で荷造りするから、頼みます」といってあります。・・・が面倒くさがっているようです。
いちばん確実なのは、12月中頃になって、お電話して、聞いて見て下さい。
印象づけて優先順位を確保して下さることが大切です。
私は、19日から21日まで全国サポーターの会議。23から24日は、日本農村生活学会があり、共立女子大で発表をするようになっています。
大きな会を前に、準備も早くからしなければならず、超忙しい日々の最中です。
発送はアグリの市が致します。
その人の名前は、藍住町矢上春日濱○幸○さんと奥さんです。

電話に出たのは奥さんで、産直市へ出荷しているのも奥さんです。
にんじんの作業はご主人同伴でしています。TAさんの熱心なこだわりで、ご連絡してみて下さい。無農薬を先に話すと無理だと思います。先ずは優先権を確保して下さると、結果的には、無農薬の物が手に入るだろうと思います。
電話か、お手紙をFAXにして送れば大丈夫と思います。
それでは、明日のにんじんの着く午前中をお楽しみに・・・

■最後のにんじん着きました。アグリの市 Kさま 高知県Tより
にんじんをありがとうございました。
元気なにんじんでした。生産者のK様にもよろしくお伝えください。
日本狭しとご活躍されているKさまのご様子に、私も頑張らないとといつも勇気をいただいています。
にんじんは 今回で終わりですが、次回の収穫の一番始めに声をかけてください。お願いします。
そして、これからも ますますのご発展をお祈りします。
平成24年9月22日 高知県 Tより

Hap039zt

Hap039zu

| | コメント (0)

体験型・アグリの市(アグリレディーズ交流会運営)の「徳島ふるさと便」

Hap039zr

※アグリの市の最新の看板商品ははっぴいウーマンネットのトップページもしくはこちらの記事からご覧いただけます。

【商品情報】
・商品名 :徳島ふるさと便
(減農薬の季節の特産物を組み合わせ、贈答用・規格外の家庭用・何れも割安)

・販売価格:※別紙参照

【お問い合わせ】
・電話&FAX<088-692-2806>
・メール<tokuko★kmd.biglobe.ne.jp>
 (※メールアドレスは「★」を「@」へ変えてメールを送ってください)

欲しい商品欄に個数を入れ、以下の注文シートをFAXしてください

注文シート【ダウンロード】(117KB)

 

東北農村生活研究フォーラムに出席して 最近のメールから

Hap039zn

古着をリフォームし販売、
手仕事を発見

7/20日午後、東北の生活研究フォーラムの前日となりました。
大阪の伊丹空港の近くで前泊し、21日は朝8時の一番の便で仙台に飛び、一日中、被災した人達の集いに、生活研究会員として参加しました。
知恵と技で「仕事」を生み出した話題提供や、身を詰まされる事例報告等にに聞き入りました。福島県飯舘村の避難生活の中で、仮設住宅の管理人を務めるようになったSさん、お年寄りが元気になるよう色々と々と試み、「イキイキサロン」を実施した処、家の中に籠もらないようになりまったが、気になるひとをお尋ねしたら、和服をりフォームして上手にきていることを見つけ、「あら、素敵な着物ね。」と感嘆した言葉が始まり。

その技術をみんなに教えて欲しいと依頼しました。「古着で良いから、使っていない和服を贈って欲しい」と全国に呼びかけた処、眠っていた古着の箱が30箱も沢山届けられました。
これを巧みに使ってリフォームし、販売することにしました。
知人が流通業者にかけあって、東京で販売することが出来ました。
そこで、「飯舘カーネーションの会」を発足しさせました。
楽しみながら、小遣いもうけが出来て、みんな元気になっていくのが眼に見えてきました。
今まで何十年も働いても、報酬は夫のもので、自分の自由になるお金は手にしたことのないひとが、始めて自分のお金を持つことが出来ました。こんなことから、お年寄りが、いきいきとげんきになり、最近は仮設住宅で、家の外で話をするひとがふえて、引きこもりの方が無くなりました。次は男の人達をどう元気づけるかと夢を膨らませているとの体験談に聞き入りました。

午後は、名取市のHさんが、支援の古着で手仕事に取り組むというお話で、会場に展示された手作り品を説明しながら、手仕事の良さと、身近に仕事をすることの喜びが伝わってきました。

最後の総合討議は、前生活改善普及員であった、Yさんの司会で先に発表した2人の他に何が出来ただろうかと問いかけたところ、壊れかけた蔵を壊さずに修復したなど、復興の兆しが前に進んでいる話が次々に出ました。
私も去年からの「にんじん1トンの絆」を報告、はっぴいウーマンネツトの実物を展示させて戴き、説明出来て、少しは、PR出来たと自画自瓉しています。
また、この日のために贈った西瓜が大きな役割をしました。県内で一番おいしい有名な「土柱の西瓜が最盛期を迎え、日照り続きで、甘さ抜群、シャリの効いたお勧めの逸品でした。
出席者60人に3個を切り分けて、食後のデザートに振る舞ったところ好評でした。
石巻市の集い用の1個を含め・当日着くように、クール冷蔵で時間指定が上手くでき、お弁当を注文したグループの方に手助けして貰い、多くの皆さんに喜ばれました。

夕方から石巻市に移動し、牡鹿半島の遠くから、40分もかかって態々集まってきてくれた生活改善グループのトマト部会の人。去年から今年もにんじんを贈り続けたひとですが、初めて会って、夜の更けるのも忘れ、当事のことや、今していること等、親しく今後のことの見通しの立たない希望についても語り合いました。
その一つに、高台に集落を移転して、新しい家を計画していますが、家の建つのは3年先だということでした。従来の家も補修して、牡蠣の養殖の作業場として使いたいし、2戸の家の二重管理を考えると、大変だなぁ・・・と思いました。半農半漁の経営は今では2戸に減って、介護施設や、再開したわかめのメカブ加工所等に務めているひとが多いようでした。
今後、どうを生計を建てるか、という根本のことで一杯であり、暮らしの課題が山積する人達と、次回は10/26日からの、「仙台での日本女性会議で会いましょう」と楽しみをもう一度と、先送りしました。

Hap039zo22日の日曜は、山の中腹の避難所になっていた胴源院のお寺さんを捜しました。住職さんや、200人のお母さんを務められた奥さんにもお会い出来、50日間のみんなの言葉を記録編集した貴重な本の宝物を戴きました。後日お目にかけたいと思います。その後、テレビでこのSさんが鶴瓶さんに招待され、車で家族に乾杯の会場に向かっているところが出てきました。「またあえたぁ・・・」と気勢を上げ、家族を吃驚させました。 お二人の温かいまなざしと、優しいお声がとても印象的でした。

気仙沼は、わかめ養殖のSさん他、合いたい方が沢山居ますが、時間がないので次回におきました。

午後は、仙台に引き返し広島の新さん・清さん達が、去年からにんじんを贈っている相手、そしてYさんを紹介して下さった、Oさん宅を訪問しました。
車いすでしたが、老老介護のご主人と、幸せそうなお二人に、短い時間でありましたが、「又合いましょう・・・」と、日本女性会議 仙台 10/26~28日の予定表をお渡ししました。
Yさんも良かったら、インターネットで検索してみて下さい。只今出席者募集中です。私は毎年友人達と共に、10年位前から病みつきになっています。
お家の前で撮って戴いた写真です。上手く取れていませんが、・・・貴重な映像です。懐かしいお方とご面会戴ければ何よりです。

今回の東北のフォーラムでは、仮設住宅の中から立ち上がった自立復興への歩みが、足音高く前進していることを目の当たりに見せて戴き、1時間に余る実際に苦労された体験談を直接お聞きして、力強さに圧倒されました。日本全国のみんなが願っている、こんな大切な課題が、身近な暮らしの問題として、農村学会の支部活動として毎年継続されていることに、またまた感動しました。
そして、にんじんの取り持つ、ひととひととの巡り合わせが、こんなにも奇妙だとは・・・始めての味わいでした。幻の方々にお会い出来、被害の大きかった石巻漁港一帯を見て回りました。「今は平地になって草がはえしげっているところは、全て津波にながされた家の跡です。」と説明して下さった言葉に、深い衝撃を覚え、足が立ちすくむ思いでした。又とない貴重な3日間を脳裏に秘め乍ら、仙台空港を後にしました。

徳島県 k様

7月21日開催しましたフォーラムに、遠く徳島県からご参加戴き、本当にありがとうございました。
講師の方を始め参加者の皆さんのお陰様で、格別心に響くフォーラムとなりました。ありがとうございました。
それにしましてもkさんのバイタリティには本当に敬服しました。
去年のにんじん支援から始まって、今年も勤務先は代わりましたが、それなりに続いていました。この度、念願叶って、始めてお目に掛かれて本当に嬉しかったです。

その後の石巻ではお会いしたい方と、上手く連絡が取れて目的が達成されましたでしょうか?
折しも宮城には低温注意報が出ていた頃で、南国からおいでの方には少し寒かったのではなかったカと思います。
27日にはこちらも梅雨が明けました。本日は30度を超える気温に一気に汗が吹き出てきました。
徳島はもっと暑いでしょうね。どうぞお体ご自愛の上、交流サポーターの活動に頑張って下さい。
本当にありがとうございました。

 平成24年7月27日  宮城県 ◎原◎代

| | コメント (1) | トラックバック (0)

体験型・アグリの市(アグリレディーズ交流会運営)の「元気たっぷりにんじん入りお中元―徳島ふるさと便」

Hap039zj

※アグリの市の最新の看板商品ははっぴいウーマンネットのトップページもしくはこちらの記事からご覧いただけます。

【商品情報】
・商品名 :元気たっぷりにんじん入りお中元―徳島ふるさと便

・販売価格:※別紙参照

【お問い合わせ】
・電話&FAX<088-692-2806>
・メール<tokuko★kmd.biglobe.ne.jp>
 (※メールアドレスは「★」を「@」へ変えてメールを送ってください)

欲しい商品欄に個数を入れ、以下の注文シートをFAXしてください

注文シート【ダウンロード】(139KB)

アグリの市では、安全・安心・さらに安価な3安(スリーアン)をモットーとして、3月から足かけ4カ月の間、美味しいにんじんをお届けするよう、努力して参りました。

お蔭で規格外のにんじんが思いの外評判が良く、2トンを遙かに超える嬉しい数量を全国に発送し、最終便を6月8日に終えました。

全国へ発送された規格外にんじん

その後、「来年まで待つのは長すぎる……、折角、味わったこの素晴らしい元気の素を、周りの大切な方々にもお味見させてあげたい」という、多くの方々のご要望に応え、生産者に最後の品を冷蔵庫で保管して頂き、少し気が早いのですが、元気たっぷりのにんじん入りお中元を、提供出来るようになりました

Hap039zk別紙注文表によりご案内させていただきました。

お好きなものをご希望によって詰め合わせ素敵なお中元がお届けできます。

また、家庭用としてお得用品を組み合わせて戴けます。 お早めにお申し込み下さい。

完売後はにんじん無しですが、他の品物は一覧表の通りご用意致しております。

~今年の「はっぴいウーマンネット」通じて、交流の一端~

5/7
お陰さまで、規格外の品物が思いがけなくデビューして、4月の下旬から1カ月余り、県内のインターネツトで電話を見つけた人から問い合わせがあり、ナビで我が家を探して来て週末は大変賑わいました。
また、埼玉・神奈川・愛知・広島県等からボチボチと連絡を戴きました。親戚や 、友人宛に、宮城や東北に贈ってあげるが方が多くありました。
又、高知新聞に [電話番号を入れても良いか……」と説得され、翌日から…電話が数日の間鳴りっぱなしでした。

今朝も、早くから5/9日が最終日だと宣言しているのに、、未だ未だファツクスと電話、メールから眼が離せない状態です。 嬉しい悲鳴を揚げながら、あと一日だと頑張っています。
今年は期間も長く、その上、「はっぴいウーマンネット」のお蔭でこの言葉を使ったお問い合わせが多くなり、漸く、私たちの活動が消費者の 方々に認められ、たという実感が湧いてきました。
今までは1週間分が、200㎏を超える週もあり、3~4日間荷造りする日が連続 しました。

振り返ってみると、足かけ4カ月の間、去年の2倍余りの品物を扱いました。
昨日からざっと集計をしていますが、2トンの台を遙かに超えているようです。

5/23
高知市 Hさま

初めまして アクリの市 事務局です。
この度は、徳島にんじんをご注文戴き有り難う御座います。お申し込みの通り、 ジュース用 10㎏ を受理しました。4/28日発送予定です。
なお、品物代金は 4月中は 700円…にんじん料理のレシピ代100円 送料は500円 佐川急便です。
品物が着くのは翌日の予定です。
振込用紙を荷物の中に入れておきますので、荷物が着いてから  ご確認の上郵便局から1週間以内にお送り戴ければ結構です。
また、振り込み手数料は利用者負担となっております。
尚、詳しくは 只今更新中の資料を添付しますのでご覧ください。
今後の申込は、この用紙をお使い下さって、メールで結構です。

Sさま

この度はにんじんをご注文戴きありがとうございました。早くにご注文戴きながら、この所、生産者の都合で出荷休みや、地域別の出荷調整などがあり、B品が品薄であったため、沢山の方々にお送りするのが大変遅くなり申し分けありませんでした。
漸く、本日5月1日発送の予定にいたしております。
翌日2日には着くことと存じます。にんじんを主体に食べて戴く料理のレシピを農家から集め、簡単な冊子を手作りしました。「にんじんのすだち漬け」は私達が考案した、徳島ならではの漬物です。宜しかったら入れておきます。(100円)
また、このにんじんはジュースにして毎日飲んでいる方の話では医者いらずの健康体になったとか、また被災地の方のお便りでは、花粉症が今年は軽くなったという、お便りも届いています。先ずは、お届けが遅くなったお詫びと、品物お届けのお知らせを致します。
それでは後、1日だけお待ち下さい。
今後とも宜しくお願い申し上げます。

愛知県Wさまより

着きました!一昨日と昨日、私も頂いております。有難うございました。
お心使いに感謝して、できる限り多くの子育て中のお母さんたちと分かち合います。
福島から避難していらっしゃる家族にも。
22日夜には戻りますが、改めましてゆっくり追加注文をいたします。
取り急ぎお礼まで。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

安斎果樹園の「フルーツ王国、福島のサクランボ(佐藤錦)」

Hap009o

2012年のさくらんぼは「 完売 」 いたしました。たくさんのご注文ありがとうございました。

間もなく、ブルーベリー、桃の季節です。お楽しみに!!

【商品情報】
・商品例 :フルーツ王国、福島のサクランボ(佐藤錦)1kg
・販売価格:5,000円~/1kg箱(税込・送料別)

【購入のお問い合わせ】
・FAX<024-542-1465>
 ※インターネット安斎果樹園」からも申込可能

【関係リンク】
・Webサイト:安斎果樹園

 

安斎さと子さんは、夫とともに福島県福島市で果樹園を営む「はっぴいウーマン」。

福島県は知る人ぞ知る“フルーツ王国”。安斎さんの「安斎果樹園」でも、さくらんぼ・ブルーベリー・桃・プルーン・柿・りんご……など様々な果物を生産しています。

安斎さんはその活動を認められて2011年に日本人として初めてFAOアジア・太平洋地域事務所の「模範農業者賞」を受賞しています。

6月中旬から下旬にかけては桜桃こと「サクランボ(佐藤錦)」の出荷がピークを迎えます。最高級のサクランボをぜひ、お楽しみください。

Hap009q

1kgバラ詰め

Hap009r

一粒ずつ、心を込めて丹念に手詰めを行っています。

Hap009p

佐藤錦の収穫風景。太陽の下、日に日に甘みを増しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体験型・アグリの市(アグリレディーズ交流会運営)の「規格外にんじんA品・B品・ジュース用・秀品(2Lサイズ)【特価提供】」

徳島にんじん title=

※アグリの市の最新の看板商品ははっぴいウーマンネットのトップページもしくはこちらの記事からご覧いただけます。2012年の規格外にんじん出荷は終了いたしました。

【商品情報】
・商品名 :規格外にんじんA品・B品・ジュース用・秀品(2Lサイズ)【特価提供】

~A品・B品・ジュース用・秀品(2Lサイズ)の、あまーい新鮮な安全・安心・安価なにんじん。昨年は被災地で好評でした。今年は消費者向けにお求めやすい特価として、たっぷり食べて戴けますように~

・販売価格:※別紙参照

【お問い合わせ】
・電話&FAX<088-692-2806>
・メール<tokuko★kmd.biglobe.ne.jp>
 (※メールアドレスは「★」を「@」へ変えてメールを送ってください)

欲しい商品欄に個数を入れ、以下の注文シートをFAXしてください

注文シート【ダウンロード】(116.0K)

にんじんの品質説明と値段表はこちら(画像をクリックすると大きくなります)画像をクリックで拡大します

品質kg3月4月5月
規格外A品 10kg 1,200円~ 1,100円~ 1,000円~
1kg 130円 120円 110円
規格外B品 10kg 1,000円 900円 800円
1kg 110円 100円 90円
ジュース用 10kg 700円~ 700円 600円
秀品2Lサイズ 10kg 2,100円~ 1,900円~ 時価
1kg 220円 200円 時価

~活動報告~

忘れられない東日本大震災。

にんじんを通じた交流が今年も続く 2011年3月11日。あれから早1年になりますが、その後如何お暮らしで御座いましょうか?

先に、「復興を目指した石巻を見に来て下さい」と言って下さった石巻農業普及センターのYさん、にんじん支援が生活改良普及員の幕引きになったと、7月に転勤挨拶と「しそ巻き味噌」を下さったSさん、養殖わかめのSさん、トマト部会の皆さん、年末には「避難所の手記」を発行したと、贈って下さった胴源院のOさん、その節は有難う御座いました。

私たち一同、にんじんを通じて交流出来た地域に、何時かは訪ねてみたいと夢みています。

先月は、日本列島あげての追悼式など、悲しみの中に、涙をこらえての様々な復興の報道に釘付けになり、立ちすくむ想いでした。

災害の当事者から復興の息吹きを見て、感動の連続でした。気長くこれからも何かしなければと感じた次第です。

Img_2001そんな折、「規格外で良かったら」と初物のにんじんを持参してくれました。お世話になった関係者の皆様に、心ばかりの品物ですが、お贈りしました。

また、農家の女性Kさんからお手紙を戴きました。中身は規格外品の活用について、女性の目線で折角のイカやタコ達を今年も役に立てたいと言う切実な想いが綴られていました。男性にない女性の目線の考え方だと嬉しくなり、農家の今年の人参の扱い方の意見を聞く会を開きました。

避難所もなくなっので、農家のグループや個人で必要なひとに希望を聞くチラシを作成して、意向を問い合わせたところ「仮設住宅へ移ったので、大量に置く場所がない」「無料で戴くのは申し訳ない」等の声がありました。

Img_2022そこで、1キロ単位で注文を受け付け、格安でネット販売することにしました。3月中に30箱、4月になって20箱を送っていた矢先、4月の半ばに新聞に取り上げられて以来、沢山のお問い合わせを戴き、次の土曜日は10箱余りの調整と荷造りに嬉しい悲鳴をあげております。

徳島新聞にアグリの市が取り上げられました

| | コメント (1) | トラックバック (0)

体験型・アグリの市(アグリレディーズ交流会運営)の「規格外にんじんのA品・B品・ジュース用・秀品は2Lサイズの4種類を、特価で提供します」

徳島産にんじん

※アグリの市の最新の看板商品ははっぴいウーマンネットのトップページもしくはこちらの記事からご覧いただけます。こちらの商品については在庫の有無をご確認ください。

【商品情報】
・商品名 :規格外にんじんのA品・B品・ジュース用・秀品は2Lサイズの4種類を、特価で提供します。
・販売価格:※別紙参照

【お問い合わせ】
・電話&FAX<088-692-2806>
・メール<tokuko★kmd.biglobe.ne.jp>
 (※メールアドレスは「★」を「@」へ変えてメールを送ってください)

 

欲しい商品欄に個数を入れ、以下の注文シートをFAXしてください

注文シート【ダウンロード】(106.2K)

 

忘れられない2011/3/11の東日本大震災。

徳島のにんじんの無償支援を、藍住町・板野町・徳島市応神町の農家19戸の男女22名が50数箱を、宮城・岩手・福島県の被災者に送った。

初めの2週間程は、被災地の知人、関係者、特にメールの通じる方々に、にんじん支援無償のお知らせをし、被災地に該当者が有れば直送するとPRした。

更に、見本のにんじんを依頼を兼ねて送った。

この箱を石巻農業普及センターに繋いでくれた生活改善グループのSさんが敏速に対応してくれた。

その後続々と、数カ所の被災地から申込があった。「インターネットに予定されている日は、もう終わりに近づいているが、未だ、無償で頂けるのでしょうか……」と電話が夜遅くに鳴った。

播種期の11月に雨が多く、蒔き直しをした圃場が有り、例年より遅く品物があったので、うまく対応が出来た。

「快挙なこと」と、かつての上司、Tさんから資金カンパが届けられた。

その後関係者から励ましの物心両面の応援が数万円にも及んだ、はっぴいウーマンネット」の協賛で、消費者向けには[食べて応援] を呼びかけて戴き、有償分40数箱分は、被災地に贈る送料に充てることが出来た

延べ4ヶ月間、被災地と全国の消費者に送り届けたにんじんは、併せて100箱余り、つまり1トンのにんじんの絆と広がりのネットが出来たようなものだ。

被災地の送り先氏名を整理した。今までのメール友達、県内外の消費者の方、新聞を見て連絡下さった新しい方々にも消費拡大の輪が広がった。

被災地の農家の代表者や、そこに届ける 世話をして下さった大勢のボランティァの方々に、こんなにも多くの方に届けて下さったことを大変有り難く感謝している。

徳島のにんじんを食べた方は、何千人だったろうか…数え切れない。

このことを朝日新聞や徳島新聞に取り上げて戴いたお蔭で、徳島の近くの方は、藍住まで取りに来て下さった方も数名いらっしゃる。

「ジュースにすれば1週間しかないのよ……来年もまた来るね!」と喚声を上げながら帰って行く姿に、今後のはっぴいな広がりを見ることが出来た。

その後、元、上司の農業改良課長であったTさんからお便りを戴いた。

「好評。全国を渡り歩いた徳島にんじん。」「東北のにんじん支援、うまくいったようで結構なこと。皆さんは、徳島の特産物の消費拡大にも道を拓いたよ。」と、労いの言葉に「そうだったのだ……」と、忙しい収穫期に運んで下さった方々にも又希望が涌いた。

折しも、「フード・アクション・ニッポン」の活動記録募集があり応募した。

やっぱり私達のした善意は、徳島のにんじんの消費拡大と、国内産の自給率の向上にも大きく関わったのだと、自信作を綴った。

その甲斐あって、毎日農業体験記録地区賞と、更に全国の優秀賞に輝いたAさんの功績を称え、祝賀会でのご披露の瞬間である。

先に、「復興を目指した石巻を見に来て下さい」と言ってくれた石巻普及センターのYさん、仙台の特産品を一杯詰めて、七夕祭りの絵はがきに「復興と平和の兆し」を贈って下さったKさん、にんじん支援が生活改良普及員の幕引きになったと、7月に転勤挨拶を下さったSさん、わかめのSさん達を訪ねて見たいと夢みている。

2012/2/7 農家の女性Kさんからお手紙を戴いた。中身は規格外品の活用について、女性の目線で折角のイカやタコ達を今年も役に立てたいと言う切実な想いを綴って下さった。

男性にない女性の目線の考え方だと嬉しかった。

これをきっかけに、人参農家の今年の人参の扱い方の意見を聞く会をする段取りに掛かった。会の開催は、1月から始めているパソコン教室の5回目の最終日を選んだ。

人参農家の今年の人参の扱い方の意見を聞く会 開催概要

とき:2012/2/21 ※夜6時半から半時間早く先に始めた。
場所:アグリファミリーパソコン教室の和室を使用
参加者:女性3名 男性3名 計6名
内容:去年の実績と反省から今年の対応を検討

話し合いで決めたこと

  1. 避難所もなくなったので、農家のグループや個人で必要なひとに希望を聞くチラシを作成して配布し意向を聞く。
  2. にんじんは規格外A品・B品・ジュース用・秀品2Lサイズの4通りとした。
  3. 出荷価額はその時の相場に合わせるが、月毎位の平均的な価額を、前もって決めておくことが好ましい。
  4. 大体の価額の目安として以下のようにする。
品質kg3月4月5月
規格外A品 10kg 1,200円 1,100円 1,000円
1kg 130円 120円 110円
規格外B品 10kg 1,100円 800円 700円
1kg 120円 100円 90円
ジュース用 10kg 1,000円 700円 600円
1kg 110円 80円 70円
秀品2Lサイズ 10kg 時価 時価 時価

 

 

徳島産規格外にんじん

| | コメント (1) | トラックバック (0)

«アグリの市の「徳島ふるさと便(お歳暮用・家庭用)」