« 2013年03月06日「ひめこらぼ全国セミナー」開催報告【ひめこらぼ活動】 | トップページ | 2013年04月22日~24日「地域のちからコレクション2013春」出展! 【ひめこらぼ活動】 »

2013年4月10日 (水)

「家族経営協定」推進のためのヒントQ&Aの改訂版を作成しました

「家族経営協定」推進のためのヒントQ&A改訂版
(家族経営協定様式と記載例付き)

Fma_qa女性・生活協会が平成21年度に発行した「「家族経営協定」推進のためのヒントQ&A」の改訂版が公開されています。

家族経営協定は、家族で農業などに従事する世帯が、話し合った経営方針や各々の報酬をはじめとした労働条件などをを明文化したものです。家族経営協定を締結することで、多くのメリットがあります。

本書の中では、締結パターン別に家族経営協定の様式記載例も用意されていますので、実際に締結する際や協定締結を援助する行政関係者の助けになります。

「家族経営協定」推進のためのヒントQ&A改訂版は下記のサイトから無料でダウンロードすることができます(PDF形式)。

家族経営協定啓発パンフレット

「家族経営協定」推進のためのヒントQ&A改訂版に収録されているQ&Aトピックは下記のとおりです。

  1. 家族経営協定とはどのようなものですか
  2. 協定を結ぶと制度上どのようなメリットがありますか
  3. 協定を結ぶと農業経営が良くなるのですか?改善事例にはどんなものがありますか
  4. これまでも話し合い、意思疎通をとりながら経営しているので、これで十分ではないでしょうか
  5. 休みや給料などの就業条件を協定で予め決めるのではなく、経営状況を見ながら経営者が決めれば良いのではないでしょうか
  6. 家族経営協定の中の給料(報酬)と青色申告の専従者給与との関係はどのように考えればよいのですか
  7. 家族経営協定を結ぶことで、例えば節税効果はあるのでしょうか
  8. 農業は天候に左右されるので、農休日や役割分担などを決めてもその通りには行かないのですが
  9. 農業経営改善計画を達成するために「家族経営協定」は有効と聞きましたが、具体的にはどのようなやり方があるのですか
  10. 息子の妻が地域の若手リーダー育成研修に参加したいと私に相談してくれましたが、ちょうどその頃は我が家では大根の播種期で夫(経営主)がうんといってくれるか心配です。日頃から家族員全員の意識の共有が必要であると思っていますが、そのためにはどんな取組みが有効でしょうか
  11. 集落営農に取り組む兼業農家であり、我が家で完結する農業経営ではないので経営の役割分担も自分達だけでは決めることができません。家族経営協定を結ぶのが難しいと思いますが
  12. 兼業農家であり、家計は夫の他産業収入でやりくりしています。農業は自分が一人でやっているので家族経営協定はいらないのではないでしょうか
  13. 我が家は法人化したので協定は不要だと思いますが、法人になっても家族経営協定は必要なのですか
  14. 協定を結ぶと農家生活の何を変えることができるのですか?農家生活の改善事例はどんなものがありますか
  15. 営農部分はともかく、生活部分までなぜ協定を結ぶ必要があるのでしょうか
  16. 生活部分の協定はプライベートな内容なので、公の場で見せたくないのですが
  17. 農村女性起業活動に参加していますが、家事・育児・介護と家の農業経営との両立がとても大変です。何か良い改善方策はないでしょうか
  18. 農業を維持しているだけの高齢農家であり農業経営の拡大も考えていないのですが、家族経営協定を結ぶ必要があるのでしょうか
  19. 文書にする必要があるのですか
  20. 締結式など公の場で調印する場合としない場合とを聞いたのですが、何がどう違うのですか
  21. 協定の締結に第三者が立ち会う意味は何でしょうか
  22. 今更夫婦や家族で協定を結ぶのは水くさいと思いますが
  23. 協定で決めたことは必ず守らないとならないのですか。もし守れない場合はどうなるのでしょうか
  24. 農業者年金など他の制度の対象になるための家族経営協定の締結では気が進まないのですが
  25. 農業者年金の政策支援を得るためと思って「家族経営協定」を結んだところ、経営への位置づけが明確になった反面、農業経営に対する精神的・肉体的負担が増えたような気がしています。
  26. 協定は家族関係を悪化させるという話を聞きました。本当でしょうか
  27. 「男女共同参画」と言いますが我が家では妻の方が強いので、家族経営協定は必要ないのではないでしょうか
  28. どんなタイミングで協定を結んだら良いのですか
  29. 協定の締結や更新が面倒です。このままでよいのではないでしょうか
  30. 息子が後継者として農業を選んでくれました。家族農業の良さを生かして息子の夢を実現したいと思います。どのような方法がありますか

|

« 2013年03月06日「ひめこらぼ全国セミナー」開催報告【ひめこらぼ活動】 | トップページ | 2013年04月22日~24日「地域のちからコレクション2013春」出展! 【ひめこらぼ活動】 »

女性の社会参画について」カテゴリの記事

農山漁村男女共同参画推進協議会の活動」カテゴリの記事